sports

sports

巨人、吉川尚輝の一打で劇的サヨナラ勝ち ヤクルトは15カードぶり負け越し

巨人がサヨナラ勝ちを飾り、ヤクルトの連続勝ち越しをストップした。6日に本拠地東京ドームで行われたヤクルト戦。3-3の同点で迎えた延長10回に吉川尚輝内野手が勝負を決める一打を放って、劇的な勝利を飾った。...
sports

【MLB】大谷翔平は二刀流を「簡単そうにやっている」 敵将も脱帽「とても驚くべきこと」

マーリンズを率いるドン・マッティングリー監督は現役時代にヤンキース一筋でプレー。1985年には打点王を手にし、MVPに輝いた名選手だ。昨季MVPを受賞したエンゼルス大谷翔平投手に改めて敬意を表し、二刀流での活躍は「とても驚くべきこと」と感服している。...
sports

【MLB】大谷翔平が「デカすぎ」 通算251勝の198センチ左腕に見劣りしない肉体にファン驚愕

エンゼルス大谷翔平投手は5日に28歳の誕生日を迎えた。ヤンキースなどで通算251勝をあげ、2019年を最後に現役引退をしたCC・サバシア氏は自身のツイッターに祝福コメントを寄せ、大谷とのツーショットを投稿した。身長198センチで堂々とした体躯を誇るサバシア氏と並んでも全く見劣りしない大谷に、ファンは「翔平さんデカいなw」「サバシアがそんなに大きくみえないだと…!?」と驚きの声をあげている。...
sports

“No1ビール売り子”はなぜ売れる? トップが語る秘訣は「可愛い順、人気順ではない」

3年ぶりに入場制限が撤廃され、スタンドには満員の観客が戻った2022年のプロ野球。かつての日常が徐々に戻ってきたスタジアムで“華”となっているのが、ビールの売り子たち。野球を見ながら、冷えたビールを飲むのを楽しみにしているファンも多いのではないだろうか。...
sports

西武・中村がプロ野球単独最多の1956三振、清原和博氏を超える 446発大砲に“勲章”

西武・中村剛也内野手が6日、京セラドームで行われたオリックス戦に「5番・指名打者」で先発出場。第4打席で三振に倒れ、NPB史上単独最多の通算1956三振となった。5日の同カードで清原和博氏に並ぶ史上最多の通算1955三振を喫していた。...
sports

51センチ動く162キロが「バケモン」 大谷翔平も沈黙の剛速球は「イカれてる」

エンゼルスは5日(日本時間6日)、敵地で行われたマーリンズ戦に敗れて4連敗。借金は今季最多8に膨らんだ。マーリンズ先発サンディ・アルカンタラ投手の前に8回まで2安打10奪三振無得点と沈黙。「3番・指名打者」で出場した大谷翔平投手も3打数無安打に終わった。投球分析家は、今季9勝目を挙げた右腕が投じた約51センチ曲がった101マイル(162キロ)のツーシームに注目。左打者の外角に急激に横滑りする軌道に「あのスピードでこの曲がり方、どういうことだ」「どんな動きよ」とファンも驚いている。...
sports

【MLB】「どうやって本塁打に…」 鈴木誠也の悪球捉えた“変態弾”に米驚愕「尋常じゃない」

カブスの鈴木誠也外野手が5日(日本時間6日)、敵地で行われたブルワーズ戦で2試合連発となる決勝の6号2ランを放った。打った球は、見逃せばボールという内角球。番記者もファンも「あれをどうやって本塁打に……」などと、ただただ驚くしかなかった。...
sports

ジャイアンツJr.指揮官は打者のどこに注目? 本塁打よりも評価する2つの特徴とは

少年野球を指導する元プロ野球選手は、打者のどんな点に注目しているのか。元巨人の守護神で、現役引退後はジャイアンツアカデミーのコーチやジャイアンツジュニアの監督を務める西村健太朗さんは、目に留まる打者の特徴を2つ挙げる。決して、派手な本塁打を放つ選手を評価しているわけではなかった。 ...
sports

【MLB】大谷翔平の打撃練習は「誰もが見たいイベント」 元楽天助っ人が語る7年前の衝撃

エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地で行われたマーリンズ戦に「3番・指名打者」で先発出場。3打数無安打1四球で2試合ぶり無安打に終わったが、マーリンズ向け放送局では解説者のギャビー・サンチェス氏が大谷を絶賛した。2015年に楽天に在籍していたサンチェス氏は当時受けた衝撃を語り、「すべてを兼ね備えたアスリート」と評した。...
sports

【MLB】大谷翔平は昨年の自分を越えられる? 米メディアが今後の爆発を予測する根拠

エンゼルスの大谷翔平投手はレギュラーシーズン162試合のちょうど半分、81試合を終えた時点(日本時間7月4日時点)で、打撃では打率.262(294打数77安打)、18本塁打、51打点、OPS.848をマーク。投手では7勝4敗、防御率2.68、101奪三振を記録した。米スポーツ局「ESPN」は、MVPを受賞した昨年と比較。打撃に関しては昨年を上回る時間は残っているとし、評価はすぐに「エリートなものになり得る」「昨年に匹敵する、想像もできないことをするかもしれない」と伝えている。...
sports

日本ハム清宮幸太郎、キャリアハイ更新の9号ソロ 完璧アーチに出た“確信歩き”

 日本ハムの清宮幸太郎内野手がキャリアハイを更新する9号本塁打を放った。6日にZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ戦。1点ビハインドの3回に同点ソロを右翼スタンドへ叩き込んだ。
sports

【MLB】“疑惑のストライク判定”が「酷すぎる」 打者が激高もファンは同情「無理はない」

エンゼルス・大谷翔平投手が出場した5日(日本時間6日)のマーリンズ戦で、敵軍4番のアビサイル・ガルシア外野手が退場処分を受けた。ストライク判定を巡ってランス・バレット球審に猛抗議、即退場を命じられた。問題の1球は画面上に描かれたストライクゾーンから外れており、ファンは「どうやったらあれを間違えるんだ」「今年の審判は本当に酷い」と嘆いている。...
sports

【MLB】エ軍守護神の大乱闘がネタに… 「ヒマワリの種大好き」“イジりTシャツ”にファン爆笑

エンゼルスは5日(日本時間6日)、パトリック・サンドバル投手やブランドン・マーシュ外野手ら多くの選手が“守護神イジり”Tシャツを着用して試合前練習に臨んだ。
sports

ファン投票初選出は11人 ロッテ佐々木朗や松川、DeNA牧ら8人は球宴初選出に

日本野球機構(NPB)は6日、7月26日と27日に行われる「マイナビオールスターゲーム2022」のファン投票の最終結果を発表した。ロッテの佐々木朗希投手、松川虎生捕手の“ルーキーコンビ”やDeNAの2年目・牧秀悟内野手ら、球宴初選出が8人というフレッシュな顔ぶれとなった。...
sports

阪神・梅野や西武・平良は超僅差で選出ならず…  球宴ファン投票の内訳は?

日本野球機構は6日、「マイナビオールスターゲーム2022」のファン投票最終結果を発表し、セ・リーグ11人、パ・リーグ12人の選出選手が発表された。
sports

広島が11年ぶり、12球団唯一選出なし 阪神は最多4選手、球宴ファン投票結果発表

日本野球機構(NPB)は6日、7月26日と27日に行われる「マイナビオールスターゲーム2022」のファン投票の最終結果を発表した。阪神から12球団最多となる4選手が選出。広島は唯一、選出がなかった。...
sports

ロッテ・井上が今季初1軍、藤原が抹消 オリは能見、西武は川野を登録 6日の公示

6日のプロ野球公示で、ロッテは井上晴哉内野手を出場選手登録した。藤原恭大外野手が抹消となった。オリックスは能見篤史投手、西武は川野涼多内野手を登録した。
sports

ロッテ佐々木朗&松川が選出、最多は阪神の4人 球宴ファン投票の最終結果発表

日本野球機構(NPB)は6日、7月26日と27日に開催する「マイナビオールスターゲーム2022」のファン投票結果を発表し、パ・リーグの先発投手部門では佐々木朗希投手、捕手部門ではドラフト1位ルーキーの松川虎生捕手と若き“ロッテバッテリー”が選出された。...
sports

鷹・又吉克樹が球宴でも“広報”宣言 大接戦制し選出「写真をたくさん撮りたい」

ソフトバンクの又吉克樹投手が6日、ファン投票でオールスターに選出された。中日に在籍していた昨季はセ・リーグの一員として監督推薦で選出され、ソフトバンクに移籍した今年はパ・リーグの一員としてファン投票で選ばれ「ファン投票は初めてなので嬉しい。去年はセ・リーグで今年はパ・リーグ。ベンチの雰囲気の違いが楽しみ」と表情を緩めた。...
sports

【MLB】鈴木誠也は「信じられないよ」 同僚も“悪球打ち”に興奮「彼を見たかい?」

カブスの鈴木誠也外野手が5日(日本時間6日)、敵地で行われたブルワーズ戦で2試合連発となる決勝の6号2ランを放った。見逃せばボール球という内角球に対し、うまく体を回転させて左翼ポール際へと運んだ一発。これには同僚も「信じられないよ」と舌を巻いた。...
sports

【MLB】全員がくぎ付け… 地上最高の投手による剛球「スローモーションでも速い」

2度のサイ・ヤング賞を獲得するなど“地上最強”とも称されるメッツのジェイコブ・デグロム投手の剛速球を、捕手目線で捉えた動画にファンが注目している。「スローモーションでも速い」「爆発的な剛速球」「本当に素敵」とコメントが集まった。...
sports

大谷翔平を3打席凡退に抑えても… CY賞候補右腕は断言「MLBナンバー1の選手」

マーリンズのサンディ・アルカンタラ投手は5日(日本時間6日)、本拠地のエンゼルス戦で8回10奪三振2安打無失点と好投し、今季9勝目(3敗)を挙げた。3番スタメンの大谷翔平投手を3打数無安打に封じ、「いい気分だよ。オオタニのような打者と対戦しなければならない時は。今日は自分のベストを尽くして競り合った」と振り返った。...
sports

【MLB】“疑惑のストライク”で退場食らった大砲に米記者同情 「バカバカしいほどゾーンでかい」

エンゼルス・大谷翔平投手が出場した5日(日本時間6日)のマーリンズ戦で、相手の4番アビサイル・ガルシア外野手が退場処分を受けた。ストライク・ボール判定を巡ってランス・バレット球審に猛抗議。米記者たちは次々にガルシアに“同情”した。...
sports

【MLB】菊池雄星、7四死球大荒れ…3回途中4失点で5敗目 制球乱れ自滅、防御率5.12

ブルージェイズの菊池雄星投手が5日(日本時間6日)、敵地で行われたアスレチックス戦に先発。2回1/3を2安打、5四球2死球と制球が安定せず4失点で降板し、今季5敗目を喫した。
sports

【MLB】鈴木誠也、悪球打ちに「あそこを打てたのはよかった」 2戦連発「巻き返せるように」

カブスの鈴木誠也外野手が5日(日本時間6日)、敵地で行われたブルワーズ戦で、故障から復帰後2試合連発となる決勝の6号2ランを放つなど5打数2安打3打点。2試合連続のマルチ安打でチームの大勝に貢献した。...
sports

「握りかえ早すぎて手品」 たまらん“瞬間美技”繰り出す源田は「生きる芸術」

西武の源田壮亮内野手が5日に京セラドームで行われたオリックス戦で“たまらん”守備を見せた。流れるような捕球からの正確な送球は「握りかえ早すぎて手品見てるみたい」「上手すぎて、ファインプレーが普通に見えてしまう」とファンをうならせている。...
sports

【MLB】鈴木誠也、2試合連発の技ありV2ラン 5打数2安打3打点で完全復活、打率.257に

カブスの鈴木誠也外野手が5日(日本時間6日)、敵地で行われたブルワーズ戦に「4番・右翼」で出場。故障から復帰後、2試合連発となる決勝の6号2ランを放つなどチームを8-3の大勝に導き、連敗を2で止めた。...
sports

【MLB】鈴木誠也、2試合連発の6号2ラン 内角の激ムズ球捉えた技術に解説唖然「なぜあんなに残る」

カブスの鈴木誠也外野手が5日(日本時間6日)、敵地で行われたブルワーズ戦で2試合連発となる勝ち越しの6号2ランを放った。前日4日(同5日)のランニング本塁打に続く快音に、地元放送局も大興奮で技術の高さを称えた。...
sports

【MLB】大谷翔平、バースデー勝利ならず CY賞候補右腕にエ軍首脳は脱帽「打つのは難しい」

エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地・マーリンズ戦に「3番・指名打者」で先発出場したが、2試合ぶりの無安打に終わった。3打数無安打1四球で打率.259。チームは1-2で敗れて4連敗。借金は今季最多8に膨らんだ。指揮を執ったビル・ハセルマン捕手コーチは「選手たちは懸命に戦った。ウォードの打球は、彼が実力を発揮しきれていれば我々は勝っていただろう。我々は反撃して、戦い、ベストを尽くしている。今日はあと少しだった」と前向きに語った。...
sports

【MLB】鈴木誠也、2試合連続のマルチ安打 復帰2戦目で全快! 勝ち越し6号2ラン&左前適時打

カブスの鈴木誠也外野手が5日(日本時間6日)、敵地で行われたブルワーズ戦に「4番・右翼」で先発出場。6回の第4打席に左前適時打を放ち、2試合連続のマルチ安打となった。
タイトルとURLをコピーしました