LAAエンゼルス

LAAエンゼルス

エンゼルスの左腕サンドバルが圧巻の投球!97球でマダックス達成

現地19日、マイク・トラウトが負傷からようやく戦列復帰。孤軍奮闘する大谷翔平のあとを打つ力強い存在になってほしい。MLB2022サンドバルがマダックス達成!エンゼルスはデトロイトでのGAME1を1対0でタイガースに勝利。先発のパトリック・サンドバル投手が、5月22日以来の4勝目(8敗)を挙げて自身の7連敗をストップ。 97球で9イニングを投げ抜き、マイナー時代を含めても自身初となるコンプリートゲーム(完封)をマークした。A
LAAエンゼルス

エンゼルス13連敗、ネビン監督代行でも大谷の起用法は変わらない方針

エンゼルスは7日(日本時間8日)、成績不振のためジョー・マドン監督を電撃解任し、三塁コーチのフィル・ネビンが監督代行に就任した。ネビン監督(代行)についてはここでも紹介したが、1992年のMLBドラフトでアストロズから全体1位で指名されてプロ入りし、3年後にメジャーデビューを果たしてから12年間で、主に三塁と一塁を守りながら外野両翼と捕手もこなした選手時代だった。ドラフト全体指名1位選手としては初の監督だ
LAAエンゼルス

シンダーガードが8回1失点の好投 エンゼルス3連勝

現地24日(日本時間25日)、エンゼルスは先発ノア・シンダーガードが8回1失点のハイクォリティースタートでレンジャーズを5対3で下して3連勝した。 シンダーガードの好投で3連勝のエンゼルス 前回の先発登板ではレンジャーズ戦相手に1回も持たずに今季最悪の6失点だったシンダーガード。この日は初回から低めにシンカーやカーブ、チェンジアップなどの変化球を丁寧に投げ分けるピッチングを披露。 ブランドン・マーシュ外野手
LAAエンゼルス

エンゼルスのルーキー左腕がノーヒッター! トラウト2発、レンドン左打席で1発

主力選手に故障離脱が出ているエンゼルスだが、悪い事ばかりではない。ホームに東部地区の強豪レイズを迎えた大事な一戦で22歳のルーキー左腕、リード・デトマーズが偉業を成し遂げた。   リード・デトマーズがノーヒッター   エンゼルスのリード・デトマーズ投手は10日(日本時間11日)、自身初のノーヒッターを達成した。     先発投手のノーヒッターは今季メジャー初。エンゼルスでも2019年7月12日のマリ
タイトルとURLをコピーしました