sports

sports

【MLB】コリジョンルール適用は「容認できない」 覆った判定に監督憤激「最悪の瞬間」

ツインズのロッコ・バルデリ監督は7日(日本時間8日)、本拠地で行われたブルージェイズ戦で退場処分を受けた。延長10回、ゲーリー・サンチェス捕手による本塁タッチプレーでコリジョンルールが適用され、判定が覆ってセーフに。審判に怒りを爆発させたツインズ指揮官は「私が関わってきた試合の中で最悪の瞬間の1つ。救いようがない」などと不満をぶちまけた。...
sports

【MLB】大谷翔平を圧倒したCY賞左腕 元横浜助っ人との二人三脚で築いた“究極”のフォーム

エンゼルスの大谷翔平を3打席連続の空振り三振に仕留めたマリナーズのサイ・ヤング賞左腕ロビー・レイが7日(日本時間8日)、演じた快投について振り返った。
sports

来季は日本ハムだけ“1日早く”開幕 3月30日に新球場「エスコンフィールド北海道」初戦

日本ハムは8日、新球場「エスコンフィールド北海道」で迎える来季の開幕戦を、他球団より1日早い3月30日に行うと公式ホームページなどで発表した。日本ハムとビジターチームを除く10球団は31日が開幕となる。...
sports

新型コロナ「特例2022」って何? シーズン完遂へ柔軟対応、村上宗隆は1日で1軍復帰

新型コロナウイルスは感染拡大と収束の波を繰り返している。日本プロ野球(NPB)は開幕が大幅に遅れた2020年から影響を受けており、今季が3年目。選手がコロナ関連で登録を抹消される際によく見られるのが「特例2022を適用する」という注釈だ。感染者数が球界にも増えている今、NPBの発表をもとにこの特例の中身をまとめてみよう。...
sports

【MLB】72歳まで毎年1億6000万円支払い “悪名高き”伝説の契約書が約2430万円で落札

72歳になる2035年まで毎年7月1日に119万ドル(約1億6000万円)が支払われるメジャーリーグの“悪名高き”契約をご存知だろうか。1980年代後半からパイレーツやマーリンズなど8球団でプレーしたボビー・ボニーヤ氏がメッツと結んだ契約で、その時の契約書の補遺がこのほどオークションに出品され、18万ドル(約2430万円)で落札された。米スポーツ専門局「ESPN」が伝えている。...
sports

オリックス中嶋監督の“奇策”「内野5人シフト」が大バズり 里崎智也さんの見解は?

ABEMA TVのABEMA/newsチャンネルで毎週金曜日23時から放送されている「ABEMA バズ!パ・リーグ」。この番組では毎回ゲストを招き、「パーソル パ・リーグTV」で再生回数が多かった動画や、パ・リーグにまつわるニュースを紹介している。今回のゲストは、ロッテOBでプロ野球解説者の里崎智也さん。...
sports

鷹育成助っ人がデビュー戦で158キロ、西武ドラ1は圧巻の5回9K 2軍でアピールする若手

「パーソル パ・リーグTV」では8月2日から7日にイースタン・リーグ3試合、ウエスタン・リーグ3試合を配信した。「ウィークリーファーム」では、この1週間に配信された試合から注目シーンをピックアップした。...
sports

初の世界一へ「侍ジャパン」U-15代表20人を発表 鹿取監督率い26日からメキシコでW杯

NPBエンタープライズは8日、26日から9月4日までの日程でメキシコ・エルモシージョで行われる「第5回 WBSC U-15ワールドカップ」に参加する野球日本代表「侍ジャパン」U-15代表の20選手を発表した。日本は2012年に前身となる「15U世界選手権」が創設されて以来の初優勝を目指す。...
sports

巨人が桜井ら4人の登録を抹消、中日は石橋を「特例2022」で抹消 8日の公示

8日のプロ野球公示で、巨人は桜井俊貴投手、戸根千明投手、戸田懐生投手、湯浅大内野手の4人の登録を抹消した。
sports

【高校野球】天理が生駒からのエールを力に勝利 奈良決勝ではコロナ禍に配慮し“歓喜の輪”作らず

第104回全国高校野球選手権第3日が8日行われ、第2試合では、天理(奈良)が山梨学院(山梨)に2-1で競り勝った。今夏の奈良大会決勝では新型コロナ禍でベストメンバーが揃わなかった生駒に21-0で勝利したが、天理ナインは選手自ら歓喜の輪を作らず。この日の試合後、中村良二監督は選手たちの喜ぶ姿を見て「『みんなで喜ぶシーンができないと』と思っていたので良かった」と本心をのぞかせた。...
sports

【MLB】ダルビッシュ、今季5敗目も指揮官は内容絶賛「あの打線を相手に」「素晴らしい」

パドレスのダルビッシュ有投手は7日(日本時間8日)、敵地でのドジャース戦に先発。6回103球を投げ、7安打5奪三振2失点と好投したが、打線の援護なく今季5敗目(10勝)を喫した。ボブ・メルビン監督は「勝つチャンスを与えてくれるような投球だった」と右腕をねぎらった。...
sports

ダルビッシュ「0点に抑えたかった」 6回2失点好投も同地区ライバルに敗れ悔しさ露わ

パドレスのダルビッシュ有投手は7日(日本時間8日)、敵地でのドジャース戦に先発して5敗目を喫した。この日が日米通算400試合目の節目の登板となった右腕は3回にソロを浴びるなど2失点。6回まで2失点と好投したものの、味方の援護なく敗れ、試合後は「0点に抑えたかったというのはあります」と悔しさを滲ませた。...
sports

【高校野球】日本文理のプロ注目右腕・田中、7失点で敗退 指の皮剥け6回降板、進路は明言せず

第104回全国高校野球選手権第3日が8日行われ、第1試合で日本文理(新潟)は海星(長崎)戦に0-11で敗れた。プロも注目する日本文理の最速150キロ右腕・田中晴也投手(3年)は6回を8安打7失点と打ち込まれた。右人差し指の腹の皮が剥けた影響もあり、本来の投球ができなかったという。...
sports

【MLB】大谷翔平に「申し訳ない気分だよ」 足を踏んだマリナーズ左腕が謝罪

エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、敵地でのマリナーズ戦に「2番・DH」で出場して4打数1安打だった。第2打席の直前にマリナーズ左腕のマルコ・ゴンザレスと交錯、足を踏まれるアクシデントがあり、ゴンザレスは試合後に「申し訳ない気分だよ」と語っていた。...
sports

爆速送球が「マジで浮いてる」 西武“若獅子”の伸び上がる球筋にファン唖然

パ・リーグで首位に立つ西武で存在感を高めている若獅子がいる。内野の各ポジションを高いレベルでこなす山田遥楓内野手。明るいキャラクターで「元気印」としても知られる山田が見せた浮き上がる“爆速送球”にファンも「むっちゃ伸びてる」「マジで浮いてる」と度肝を抜かれた。...
sports

中日20歳の爆肩が「末恐ろしい」 衝撃レーザービームに驚愕「何度でも見ちゃう」

中日の20歳・岡林勇希外野手が見せた驚異のレーザービームにファンも度肝を抜かれた。7回に右翼ファウルフライをキャッチすると、タッチアップを狙った三塁走者をノーバウンド送球で補殺。矢のような送球に「末恐ろしい」と驚きの声があがった。...
sports

【MLB】ダルビッシュ、6回2失点好投も5敗目 日米通算400登板の節目は敗戦投手に

パドレスのダルビッシュ有投手は7日(日本時間8日)、敵地でのドジャース戦に先発し、5敗目を喫した。この日が日米通算400試合目の節目の登板となった右腕は3回にソロを浴びるなど2失点。味方の援護がないまま降板となり、パドレスはそのまま敗れた。...
sports

【MLB】ボールを追わない“406億円男”に非難の声 「たらたらとジョギングか」「酷いな」

パドレスのマニー・マチャド内野手が“怠慢プレー”を犯してファンから批判を浴びている。打球を弾き、後方に転がったボールを迅速に追いかけなかった結果、走者に進塁を許してしまった。スター選手の横着プレーに、「とても恥ずかしい」「怠慢で傲慢」「たらたらとジョギングか」とファンから厳しい声があがった。...
sports

【MLB】ダルビッシュ、6回2失点好投も11勝目ならず 日米通算400登板の節目飾れず

パドレスのダルビッシュ有投手は7日(日本時間8日)、敵地でのドジャース戦に先発し、今季11勝目を逃した。この日が日米通算400試合目の登板となった右腕は3回にソロを浴びるなど2失点。味方の援護がないまま降板となり、勝利投手の権利は掴めなかった。...
sports

【高校野球】選抜準V近江、逆転勝利の舞台裏 鳴門の好投手・富田を攻略できた糸口とは?

今春の選抜準V・近江の多賀章仁監督は試合後、ホッとしたように振り返った。7日に行われた第104回全国高校野球選手権大会の大会2日目第4試合。苦しい戦況を打ち破り、鳴門のプロ注目左腕・冨田遼弥投手(3年)を攻略できたカギは走塁戦略にあった。...
sports

【MLB】154キロのスライダーは「意味不明」 デグロムがダルビッシュ超え奪三振記録を更新

メッツのジェイコブ・デグロム投手が7日(日本時間8日)、本拠地でのブレーブス戦に先発し、6回途中1安打2失点12奪三振と好投した。通算200登板での奪三振を1523に伸ばし、ダルビッシュ有投手(パドレス)がマークした1517奪三振を更新する最多記録となった。...
sports

【MLB】大谷翔平、アクシデントに苦悶の表情も… 監督代行は無事を強調「彼は大丈夫だ」

エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、敵地でのマリナーズ戦に「2番・DH」で出場し、4打数1安打だった。第2打席の直前にマリナーズ左腕のゴンザレスと交錯、足を踏まれるアクシデントがあったものの、試合後、フィル・ネビン監督代行は「彼は大丈夫だ」と無事を強調していた。...
sports

【MLB】大谷翔平、アクシデントも4の1 3戦ぶり快音で2年連続100安打達成、エ軍は敗戦

エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、敵地でのマリナーズ戦に「2番・DH」で出場し、4打数1安打だった。第3打席に左前安打を放ち、2年連続3度目のシーズン100安打を達成したものの、チームは3-6で敗れた。...
sports

投球せずに球速を上げる チューブを使って実践できる2種類のトレーニング 

肘内側側副靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)の権威である慶友整形外科病院スポーツ医学センター長の古島弘三医師は、野球上達への“近道”は「怪我をしないこと」だと語ります。練習での投球数を入力することで肩や肘の故障リスクが自動的に算出されるアプリ「スポメド」を監修するなど、育成年代の障害予防に力を注ぎ続けてきました。...
sports

スモークで顔面消された「辻監督がどついてる」 “究極イジり”は「最高傑作」

試合前の西武ベンチで繰り広げられる“一芸”に、ついに傑作が生まれた。辻発彦監督が場内に紹介される際、若手選手たちのイジりは恒例となっており、楽しみにしているファンも多数。7日のロッテ戦(ベルーナドーム)では、まさかのスモークで指揮官の顔面が消えた珍場面に、「辻監督がはるきちどついてる」「挨拶終わって即ツッコミ入れる辻監督、さすがとしか言いようがない」との声が上がった。 ...
sports

1か月連敗知らずの阪神、シーズン終盤への“準備”に専門家「ミラクルも見えてくる」

阪神は7日、敵地・マツダスタジアムで行われた広島戦を7-5で勝利し、4カード連続勝ち越し。首位・ヤクルトとのゲーム差を8.5に縮めた。“元守護神”のケラーが来日初セーブをマークし勝利した一戦を、現役時代に阪神、ヤクルトなど4球団で計21年間捕手として活躍した野球評論家・野口寿浩氏は「いい1勝になった可能性が高い」と語った。...
sports

豪快足上げ“大失敗”で恥ずかしそう 場内爆笑…“白パンツ”22歳モデルの赤面一球

7日に神宮球場で行われたヤクルト-巨人戦で、モデルで女優の鈴木美羽さんが始球式を務めた。豪快な足上げに、まさかの“失敗”。場内の爆笑に包んだ中、恥ずかしそうな表情を浮かべながら仕切り直しの一投で熱戦に花を添えた。...
sports

【MLB】鈴木誠也は3試合連続でノーヒット 8月はわずか1安打、打率.063と苦戦続く

カブスの鈴木誠也外野手は7日(日本時間8日)、本拠地でのマーリンズ戦に「3番・右翼」でスタメン出場し、4打数無安打に終わり、3試合連続ノーヒットとなった。8月に入って5試合で16打数1安打、打率.063と苦戦している。カブスも0-3で敗れた。 ...
sports

【MLB】大谷翔平、アクシデント跳ね除け3試合ぶり安打 2年連続でシーズン100安打に到達

エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、敵地で行われたマリナーズ戦に「2番・指名打者」でスタメン出場し、5回の第3打席で安打を放った。前日のダブルヘッダーでは2試合とも無安打に終わっており、3試合ぶりの快音となった。...
sports

【MLB】エンゼルスの逸材モニアックが骨折 トレード加入わずか5試合で離脱

エンゼルスにトレードで加入したミッキー・モニアック外野手が左手中指の骨折で早くも離脱することになった。6日(日本時間7日)のマリナーズ戦でセーフティーバントを成功させた際に、左手の中指にボールが当たり負傷。7日(同8日)の同戦前に球団から発表された。...
タイトルとURLをコピーしました