★MLB メジャーリーグ

★MLB メジャーリーグ

カブス鈴木誠也が復帰戦で存在感!日本人3人目のランニングホームラン

カブスの鈴木誠也外野手が4日(日本時間5日)、敵地でのブリュワーズ戦に「4番・右翼」で39日ぶりに復帰した。 MLB2022 鈴木誠也が存在感 鈴木は、9回の同点の場面から起死回生のランニング本塁打を放つなど4打数2安打1打点で存在感を発揮した。 メジャーリーグでは「inside-the-park home run」と呼ばれている「ランニングホームラン」をケガからの復帰戦でマークした。 デービッド・ロス監督も「興奮したよ、本当に興奮し
★MLB メジャーリーグ

大谷翔平が25歳のバースデー弾!剛腕を攻略して勝利に貢献

※この記事は3年前の2019年7月6日の記事をリライトして再ポストしています。 大谷翔平NEWS エンゼルスの大谷翔平選手が5日(日本時間6日)、25歳の誕生日にバースデー・アーチをかけた。相手は同地区首位を独走するアストロズ。しかも投手は剛腕ジャスティン・バーランダーだった。 13号バースデー弾は3回の第2打席だった。まず、1番のコール・カルフーンが剛腕から19号2ランで逆転。これで勢いに乗ったエンゼルスは二死後に大
★MLB メジャーリーグ

手術明けの39歳バーランダーが早くも10勝目

アストロズのジャスティン・バーランダーが両リーグトップの10勝目を飾った。 MLB2022 現地6月29日(日本時間30日)、敵地で行われたインターリーグのメッツ戦にジャスティン・バーランダーが先発登板。ポストシーズンでも対戦の可能性がある好調同士の首位決戦ということで、個人的には注目していたが、バーランダーが8回を投げきって無失点に抑え、両リーグトップの10勝目(3敗)を飾った。 Justin Verlander, after Tom
★MLB メジャーリーグ

乱闘エンゼルス 12人が出場停止処分

現地時間6月27日(日本時間28日)、メジャーリーグ機構は前日の乱闘騒ぎを受けてエンゼルスとマリナーズのメンバー合計12人への処分を発表した。 ▼記事引用 https://buffaloueda.hatenablog.com/ エンゼルスのフィル・ネビン監督代行がアンドリュー・ワンツ投手に指示を出して故意にマリナーズのジェシー・ウィンカーに死球を与えたことに対して10試合の出場停止処分が科された。 ワンツは初回にロドリゲスの背中側を通るボー
★MLB メジャーリーグ

ヤンキースが50勝一番乗り!驚異の勝率7割シーズン成るか?

ヤンキースが現地20日、接戦を制して50勝一番乗りを果たした。今年は13年ぶりにヤンキースの年になりそうだ。 MLB2022 ヤンキースが67試合で早くも50勝到達! ヤンキースがハイペースで50勝一番乗り! ア・リーグ東部地区で首位を独走中のヤンキースは20日、フロリダ州セントピータースバーグでのレイズ戦に4対2で勝利。これで50勝に一番乗り。 しかも67試合目での50勝到達。勝率.746。これは2001年のマリナーズ(64試
★MLB メジャーリーグ

MLBは投手登録13人に制限もエンゼルスは大谷翔平(二刀流)メリットで影響なし

エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、敵地・マリナーズ戦に「3番・指名打者」で先発出場したが、4打数ノーヒットで、3試合連、14打席連続ノーヒット状態が続いている。 大谷翔平NEWS 大谷は14打席連続無安打 大谷は今季7勝のローガン・ギルバートと対戦した。初回2死からの第1打席は中飛に倒れ、マイク・トラウト外野手の2ラン本塁打で2点を先制した4回無死の第2打席は、アベック本塁打を期待したが当てただけの
★MLB メジャーリーグ

大谷翔平が連敗ストッパーに! トラウトの援護弾2発が効いた

エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地シアトルでのマリナーズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場した。 大谷翔平 6回無失点で5勝目 大谷は鬼門になっている初回に、四球と安打で得点圏に走者を背負うピンチを作ったが、その場面を乗り切ると許した安打は2回と4回のみ。 3回、5回は相手を三者凡退に退けて6回を93球(ストライク55)、被安打3、奪三振6、与四球2、失点(自責点)0の好投で今季
★MLB メジャーリーグ

俳優・渡辺謙さんが「ジャパニーズ・ヘリテージ・ナイト」で始球式

日米野球外交150周年を記念した「ジャパニーズ・ヘリテージ・ナイト」 日米で活躍する俳優の渡辺謙さんが始球式を行った。 15日(日本時間16日、ドジャースタジアムで日本への野球伝来150周年を記念した「ジャパニーズ・ヘリテージ・ナイト」が開催され俳優の渡辺謙さんが始球式に登場。 謙さんは背番号16のユニホームを着用し、捕手はドジャース・ロバーツ監督が務めた。渡辺謙さんは阪神タイガースファンで知られるが、メ
★MLB メジャーリーグ

現役最多の奪三振王バーランダーがチームの3連敗を止めた!

39歳でトミー・ジョン手術から復活している男が、チームの連敗を3で止めた。「中年の星」のような、その偉大なるカムバック劇に賛辞を送りたい。アストロズのジャスティン・バーランダー投手が12日(日本時間13日)、ヒューストンでのマーリンズ戦で7回93球を投げて被安打3、失点4(自責0)の好投。両リーグを通じて単独トップの8勝目(2敗)を挙げた。6回まではマーリンズ打線を僅か2安打に抑え、無四球無失点とほぼ完ぺきな内容
★MLB メジャーリーグ

《MLB2022》 両リーグ各ディビジョンの状況は?

各チームが60試合を消化した時点で、まだまだ100試合が残っているが、アメリカン・リーグ、ナショナル・リーグ各ディビジョン(地区)の状況を確認しておきたい。 MLB2022  各ディビジョンの状況  アメリカン・リーグ ヤンキースが40勝一番乗りで44勝16敗で勝率7割を超えるペースで2位のブルージェイズに8.5ゲーム差をつけて独走中。 昨年もこの地区は5チーム中、オリオールズを除く4チームが90勝以上だった。 今
★MLB メジャーリーグ

トラウタニがメッツのカラスコ粉砕! ウォルシュもサイクル安打記録

エンゼルスの大谷翔平は11日(日本時間12日)、本拠地でのメッツ戦に「3番・DH」で先発出場。2試合ぶりの13号2ランを放つなど4打数3安打3打点の大活躍だった。  大谷翔平NEWS トラウト、大谷の今季3度目のアベック弾  「シティコネクト・ユニホーム」を初めて着用した試合だったが、胸の下に小さく番号が付いたり、袖にはサーフボードをオマージュしたラインが入るなど意外と感じの良いデザインだった。 LAAのシ
★MLB メジャーリーグ

ブレーブス9連勝、フィリーズ8連勝で首位メッツとのゲーム差縮まる

ナショナルリーグ(NL)東部地区は今季もメッツが好発進で30試合を消化した時点で首位に立っていたが、ここに来てブレーブスとフィリーズがジリジリとその差を詰めてきて面白い展開になってきた。 NL EASTの状況  大型連勝で首位メッツを追撃するブレーブスとフィリーズ各チームが60試合近くを消化した時点でNL東部地区は首位メッツを追いかける地区4連覇中のブレーブスが9連勝。6月は9勝1敗と調子を上げてきた。 さらに、ジ
★MLB メジャーリーグ

二刀流・大谷翔平が連敗ストッパーに! エンゼルス14連敗で止まる

エンゼルスの大谷翔平が7回を投げきってレッドソックス打線を散発4安打に抑え1失点の快投でチームの連敗を「14」で止めた。 大谷翔平NEWS ネビン新監督(代行)に嬉しい初勝利を贈る エンゼルスの大谷翔平がホームでのレッドソックス戦に「2番・投手兼DH」の二刀流で先発登板。 0対0で迎えた5回に犠打で先制点を許したものの、その裏の攻撃では自らが打者として逆転の12号2ランをセンターの深いところへ放ちチームの逆
★MLB メジャーリーグ

エンゼルスがマドン監督を電撃解任!暫定監督はネビン三塁コーチ

エンゼルスがジョー・マドン監督の解任を発表した。チームは12連敗中で、その責任を指揮官がとらされる形になった。マドンとエンゼルスは3年契約で今季が最終年だった。 球団人事 マドン監督の後任は今季ミナシアンGMが連れてきた現三塁コーチのフィル・ネビンが暫定監督に任命されている。 マドン監督とエンゼルス マドンは1996年と1999年にエンゼルスの暫定監督を務め、チームが唯一のワールドシリーズ制覇を果たした2002
★MLB メジャーリーグ

メッツのカルロス・カラスコがハーラートップタイの7勝目

メッツのカルロス・カラスコ投手がパドレス戦でハーラー単独トップの7勝目を飾った。 MLB2021 メッツ3連勝で首位独走中 ⇩ このサイトはこちらに移転しました。この続きはこちらで。<(_ _)> https://buffaloueda.hatenablog.com/ 🍪 @Cookie_Carrasco 🍪 pic.twitter.com/zmaD0h4HnJ— New York Mets (@Mets) June 7, 2022 🚨CYCLE🚨Eduardo Escobar becomes the 11th player in @Mets history to hit for the cycle w
★MLB メジャーリーグ

エンゼルスが2016年以来の11連敗 ブルペンが炎上 トラウトも絶不調

エンゼルスは逆転サヨナラ負けで2016年以来6年ぶりの11連敗。10あった貯金を使い果たし、まさかの借金生活に突入した。 MLB2022  エンゼルス11連敗 この試合のエンゼルスは8回裏に守護神ライセル・イグレシアスが炎上。これまで5打数で2本塁打を打たれて相性の悪かったブライス・ハーパーに13号グランドスラムを浴び、終盤で6対6の同点に追いつかれた。 久しぶりの先制点を挙げ、しかも途中まで5点リードという展開だった
★MLB メジャーリーグ

【MLB契約情報】アストロズが若手スラッガーの引き留め工作に成功! 

アストロズはキューバ出身の24歳のスラッガー、ヨーダン・アルバレス外野手と6年1億1500万ドルの長期契約を結ぶことで合意した。 MLB移籍情報 メジャーリーグの移籍情報を主に扱う「MLBトレード・ルーマーズ」によればアストロズとアルバレスのこの契約は、2025年シーズン終了後にフリーエージェント(FA)になるアルバレス(MLS=2.113)の年俸調停3年分とFA後の3年分を買い取った契約だ。 アルバレス契約内容は下記 202
★MLB メジャーリーグ

フィリーズがジラルディ監督を解任

現地時間6月4日(日本時間5日)、ナショナル・リーグ東部地区で首位メッツから12ゲーム差の3位に低迷しているフィラデルフィア・フィリーズが、監督を解任した。 球団人事 フィリーズのデーブ・ドンブロウスキー編成本部長は、ジョー・ジラルディ監督の解任を発表。こうした監督人事は、メジャー30球団もあると毎年1~2球団はあるものだが、今季はフィリーズになったようだ。 The Phillies have relieved Joe Girardi of his d
★MLB メジャーリーグ

【MLBドラフト】オリオールズが1巡全体1位でアドリー・ラッチマン捕手を指名

2022年のMLBドラフト会議は現地時間7月17日から19日まで開催される予定ですが、これは3年前の記事です。3年前も今季と同じオリオールズが全体1位指名権を持っていた。労使協定で話題になった「ロッタリー制度」は2023年からスタートする。 MLBドラフト2019 メジャーリーグではルール4ドラフト (Rule 4 Draft) とも呼ばれている高校、大学、独立リーグなどのアマチュア野球選手を対象にした新人選手選択会議が現地3日からニュー
★MLB メジャーリーグ

メジャーリーグ物語 2022-06-04 07:00:00

2022年のMLBドラフト会議は現地時間7月17日から19日まで開催される予定ですが、これは3年前の記事です。3年前も今季と同じオリオールズが全体1位指名権を持っていた。労使協定で話題になった「ロッタリー制度」は2023年からスタートする。 MLBドラフト2019 メジャーリーグではルール4ドラフト (Rule 4 Draft) とも呼ばれている高校、大学、独立リーグなどのアマチュア野球選手を対象にした新人選手選択会議が現地3日からニュー
★MLB メジャーリーグ

大谷翔平でもダメ エンゼルス泥沼8連敗

エンゼルスがヤンキースとのダブルヘッダーに連敗。泥沼の8連敗になった。以前に紹介したが6月は東部地区の強豪と対戦する日程で、厳しい戦いが予想されるエンゼルスだったが、予想通り苦戦している。これで10あった貯金も2まで減り首位アストロズとは6.5ゲーム差になった。 大谷翔平も3発被弾でKO 大谷、連敗ストッパーならず エンゼルスの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、敵地で行われたヤンキースとのダブルヘッダー
★MLB メジャーリーグ

大谷翔平2発もエンゼルスはブルペンが崩壊して悪夢の5連敗

エンゼルスを応援しているファンにはフラストレーションの溜まる日々が続いている。 大谷翔平が2本塁打を叩き込んだが、エンゼルスは乱打戦の末、10対11で敗れた。これでブルージェイズとの4連戦4連敗だ。前のレンジャース戦からは5連敗になった。 It's about drive, it's about power#GoHalos pic.twitter.com/3A26VOX7Nk — Los Angeles Angels (@Angels) May 29, 2022 MLB2022 エンゼルス悪夢の5連敗 昨年同様「なおエ」パ
★MLB メジャーリーグ

大谷翔平は大事をとって代打で出場 エンゼルスは3連敗

エンゼルスにとっては今季のカギを握る試練の6月になりそうだ。 MLB2022 エンゼルス3連敗   ブルペンが打たれ、エンゼルス痛い3連敗 この日、大谷翔平は前日に違和感のあった腰部の張りのため、大事をとってスタメンを外れた。  「スターウォーズ・ナイト」と題した人気の恒例イベント。先着2万5000人に配布される首振り人形を求めて集まった4万4641人(チケット完売)の観衆はガッカリしたことだろう。 
★MLB メジャーリーグ

エンゼルスが第4の外野手としてファン・ラガレスをコールアップ

メジャーリーグ公式サイトによるとエンゼルスは不在となっていた第4の外野手を登録した。メジャーリーグ移籍情報 ジャスティン・アップトンをDFAしてまで枠を空けたエンゼルスの外野だったが、チーム編成は上手くいかないものだ。期待されたジョー・アデルは守備のもろさに加えて打撃が不振でマイナーへ降格。好調だったテイラー・ウォードがフェンス激突による故障離脱で欠場が続き、ユーティリティのタイラー・ウェイドやルイス
★MLB メジャーリーグ

メジャー期待の新人ラッチマン捕手(オリオールズ)がデビュー!

現地時間5月21日(日本時間22日)、2019年ドラフトでオレゴン州立大から全体1位指名のアドリー・ラッチマン捕手が本拠地でのレイズ戦で待望のメジャーデビューを果たした。 プロスペクトランキング1位が遂にデビュー! ラッチマンは「MLBパイプライン」のプロスペクト・ランキングで全体1位に評価されている超有望株。 オリオールズ入団後は、傘下のマイナーリーグで順調に成長し、評価を上げてきた。昨季は3Aに昇格したが、
★MLB メジャーリーグ

エンゼルスのタイラー・ウォードが打率とOPSなどで打撃部門トップに!

メジャーリーグ公式サイトが実施したアンケートで、「今季最大のサプライズ」に選ばれたテイラー・ウォード外野手が、規定打席に達し、打撃部門のトップに躍り出ている。ウォードは、今季ここまで29試合に出場して打率.375、本塁打9,打点23で出塁率.488、長打率.721、OPS1.209。打率、出塁率、長打率、OPSでMLB1位。直近の7試合でも打率.407、OPS1.336と大活躍中だ。バットを立てて構えていた打撃フォームを今季はソフトボールの
★MLB メジャーリーグ

【MLB2022】ニューヨークの2チームが好発進!ヤンキースは早くも独走態勢?

各球団がレギュラーシーズンの5分の一にあたる35試合前後を消化した段階のメジャーリーグ。両リーグの東部地区でニューヨークをフランチャイズにするヤンキースとメッツが好調をキープして首位を走っている。 メジャーリーグ2022 ヤンキースが絶好調スタート アメリカン・リーグ(AL)東部地区ではニューヨーク・ヤンキースが35試合を消化した時点で26勝9敗(勝率.750)と絶好調だ。これはヤンキースが開幕からの35試合で記録し
★MLB メジャーリーグ

エンゼルスの新人チェイス・シルセスがメジャー初先発で初勝利

現地5月13日から敵地オークランドで3連戦を戦うエンゼルスは、12日にメジャー初昇格したチェイス・シルセスがメジャー初登板、初先発を果たした。 昨年のドラフトで指名された選手のなかでメジャーデビュー一番乗り シルセスは、ドラフトで20人全員を指名した昨年の11位指名投手。 5月18日で22歳になるが、2021年ドラフトでエンゼルスから11位指名。2022年のエンゼルス内プロスペクトランキングで16位。昨年の30位圏外からラ
★MLB メジャーリーグ

エンゼルスのウォードが代打で同点弾 期待外れのドラ1選手から覚醒

この春のサプライズ選手の一人としてMLB公式サイトでも選出されたテイラー・ウォード外野手が現地11日(日本時間12日)のレイズ戦GAME3でも存在感を見せた。 WARDY BOY TIES UP THE BALLGAME! #GoHalos pic.twitter.com/YAzyV5g5Xk — Los Angeles Angels (@Angels) May 12, 2022 走塁中にハムストリングを痛めて数試合を欠場していたウォードだったが、2点ビハインドの8回裏に代打で登場。 レイズの先発マクマラハンから代
★MLB メジャーリーグ

浪花節人生 お疲れさまチャーリー・マニエル

マニエルさんのプレーは忘れない ※ブログ記事を整理していたら、懐かしくなったので2015年3月の記事を再ポストします。 日本でもスポーツ紙や数々のサイトで取り上げられましたフィリーズ監督チャーリー・マニエルさん解雇の記事。 NPBでも活躍した外国人プレーヤーの代名詞みたいな人です。赤鬼というあだ名で近鉄ファンだった私にとっては忘れる事のできない野球人です。 ヤクルト時代 1977年、打率.316、42本塁打、97
タイトルとURLをコピーしました