Top8 人気ホスティングサーバーランキング

Top8 人気ホスティングサーバーランキング

レンタルサーバーを中心に比較しランキングで紹介。レンタルサーバー人気売れ筋ランキングです。

初心者のブロガーやアフィリエイターが個人で運営するサイト(ブログ)向きである。個人向けレンタルサーバー企業サイト、企業ホームページ、ECサイトなどの商用サイト向きである。法人向けレンタルサーバーのおすすめをそれぞれランキング形式で紹介していきます。

また、今回ランキングで紹介しているレンタルサーバーはWordPressは当たり前のように使えるのは大前提で、どれを選んでも問題ないものだけを厳選して紹介しています。

1位: エックスサーバー

エックスサーバーは圧倒的な高速性能を誇るWordPress専用のレンタルサーバーです。
サーバーひとつで複数のドメインを設定でき、それぞれでWordPressサイトを開設できます。
高いPHP処理能力や高転送量(70GB/日)によるサイトの高速表示が評判のレンタルサーバーです。
WordPressでサイトを複数運営している個人や企業、ブロガー・アフィリエイターから人気を得ています。



SEOにも強いWebサイトのカスタマイズができるWordPressも簡単インストールですぐに利用できるレンタルサーバーです。

低価格・高性能・安定回線、そして使いやすさを重視しており、初心者から上級者まで
幅広く利用できるレンタルサーバーです。

電話サポートや24時間メールサポート、動画マニュアルなどサポートも充実していて初心者でも安心して利用出来るサーバーです。

2位: 実現力No.1レンタルサーバー【CPI】

実現力No.1レンタルサーバー【CPI】はKDDIウェブコミュニケーションズが運営するレンタルサーバーです。
国内顧客実績4万社以上あります。月額3,990円で『ディスク容量“無制限”』 『DB “無制限”』 『マルチドメイン“無制限”』 『メールアドレス“無制限”』 と気になるスペックは全て“無制限”で利用できます。CMSのサイトも作り放題です。複数のサイトを運営されているサイトオーナーや複数のクライアントを抱えるWeb制作会社の方々にも大好評のレンタルサーバーです。


安定した通信を保証する100Gbps バックボーンがあり、SLA(品質保証制度)稼働率100%保証しています。
マルチドメイン毎にIPアドレス付与もしています。

3位: GMOクラウド ALTUS(アルタス)

GMOクラウド ALTUS(アルタス)は500円(税抜)から始められるパブリッククラウドサービスです。
「標準化」「互換性」「拡張性」の3つのキーワードをコンセプトに設計されています。
クラウド基盤として、Apache CloudStackベースの「Citrix CloudPlatform」の最新版を採用していて、万全のサポート体制と既存システムからの移行や他のクラウドサービスとの連携を容易に行なえています。

中・上級者向けの仮想プライベートネットワーク型パブリッククラウド「GMOクラウド ALTUS Isolateシリーズ」と、安価で信頼性の高いデータ保管を行なうクラウドストレージサービス「GMOクラウドALTUS オブジェクトストレージ」の2シリーズを提供しています。

4位: FUTOKAレンタルサーバー

FUTOKAレンタルサーバーは低価格で高品質でアダルトサイトを運用できるレンタルサーバです。
多機能で高性能を売りに、回線が非常に強いです。
コストパフォーマンス的にも優れているサーバーでしょう。

アダルトサイトの運営が可能な国内サーバーです。18禁・アダルト可能で多機能です。

マルチドメイン/独自ドメインが無制限
転送量無制限
データベース(MySQL)無制限
容量が100GB可能!
WordPressなどCMS自動インストール
電話&メールサポート

WordPressの自動インストールをしっかり完備しており、WordPressで同時に必要なMySQLも自動生成してくれます。

5位: レンタルサーバー「Speever」(スピーバー)

レンタルサーバー「Speever」(スピーバー)はライド株式会社が提供している低コストでも高機能を売りにしているは法人・ビジネス向けのレンタルサーバーです。IDS/IPS(不正侵入検知等)を標準装備したセキュリティが強固で安心して運用できます。サブドメイン、マルチドメインは無制限、メールアドレス数無制限、データ転送数も無制限です。オプションでグローバルIPも追加できます。

ディスク容量も一番下位のプランでも100GB、上位プランだと500GBまで利用できます。

電話による相談も可能です。

 
  ベーシック ゴールド プラチナ
プログラム PHP5 独自CGI可(Perl、Ruby、Python) SSI
MySQL10個
PostgreSQL10個
設定代行 WordPress メールアカウント
簡単
インストール
WordPress EC-CUBE MovableType(MTOS) concrete5
Joomla! Zen Cart pWebManager XOOPS Cube Legacy Drupal
ドメイン 独自ドメイン サブドメイン無制限 マルチドメイン無制限
セキュリティ 共有SSL 独自SSL ログマネージャー ログ解析
メール 受信容量設定 メールエイリアス 転送設定 自動返信
IMAP WEBメール メーリングリスト ウィルスチェック
迷惑メールフィルタ メールセキュリティ SMTP認証
サポート 電話サポート メールサポート
アクセスログ解析 アクセス解析
  リモートサポート
転送量上限 記載なし

 6位: WebARENA SuiteX

WebARENA SuiteXはNTTPCコミュニケーションズが運営しているレンタルサーバー(ホスティング)サービスです。
法人・ビジネス利用に特化した機能があり、データバックアップやSLA保証100%などビジネス用途に使える機能がおおいです。セキュリティ面もSymantec社のソフトウェアが入っています。

ビジネス用途にぴったりなのがWebARENA SuiteX(ウェブアリーナ スイートX)です。
WordPressやMovable Typeはもちろんのこと、ネットショップ構築に最適なアプリケーション、ネットショップオーナーやダヴィンチカート、EC-CUBEなど標準またはオプションで利用可能です。

16年も前から運営されている老舗のレンタルサーバーで利用者からの評価も高いです。

7位: フレンドサーバー

フレンドホスティングインクのフレンドサーバーは月額300円から使える高スペック・高回線の海外格安レンタルサーバーです。
日本では実現不可能なスペックと料金を実現していて利用者も多いです。
アダルト可でアダルトサイトの運営もできます。格安で自由なカスタマイズ可能です。日本語対応された数少ない海外レンタルサーバーです。

サポートも日本語で対応してくれています。会社自体は、ラスベカスにあるようですがサーバー自体はカリフォルニアのシリコンバレーに設置されています。フレンドサーバーのデータセンタ-プランは、サーバーの持ち込みもOKで、例えば、サーバーは自社で用意をし、太い回線だけを使用させてもらうといったことも交渉次第では可能です。

8位: @YMCレンタルサーバー

@YMCレンタルサーバーはGMOグループのGMOビジネスサポートが提供するレンタルサーバです。
個人向けから法人向けまで幅広くサービスを提供しています。1ヶ月契約も可能です。

YMCのレンタルサーバのデメリットとしてはよくサーバーが落ちるのと、サブドメイン、データベースが有料なところです。
あまり個人ではおすすめできないサーバーです。サポートは丁寧です。

アット・ワイエムシーレンタルサーバーはMakeShopというネットショップが簡単に開業・運営できます。

YMCのレンタルサーバを借りるならVPS構成のレンタルサーバーがいいです。安定性と大容量が魅力、選択できるオプションも豊富です。

VPSというのは、仮想専用サーバーの略で、複数の専用サーバーが1つのサーバーに収容されている状態。基本的に共有サーバーですが、性能以外はほぼ専用サーバーです。

レンタルサーバ活用ガイド

中古価格
¥347から
(2019/7/18 11:28時点)

以上いかがでしたでしょうか?ご参考までにどうぞ。

フォローする