【社会科見学】杉並郷土博物館に行ってみた

杉並郷土博物館に行ってみた

落合遺跡 縄文時代中期の土器が発掘され、展示されている。

今から700年ほど前の「牛込家文書」には牛込という地名が登場。内藤新宿の宿場の模型。

田辺茂一出版記念「寄せ書き屏風」

明治、大正時代の新宿には多くの作家が住んでいた。
夏目漱石の草稿。新宿を描いた作品を紹介。

昭和初期の新宿の町並みのウォール・ディスプレイ

デパートや映画館などの高いビルが立ち始める。7階大食堂からは富士山、伊豆半島が見えたとか。
ガラスのディスプレーでは、当時のカフェの様子がジオラマで展示。常設展示解説シートによる

新宿駅前から銀座まで走っていた東京市電(チンチン電車)の復元。中に入ることができます。

文化住宅

玄関から中を見ることができます。食卓にはてんぷら。大きなラジオ。出窓のある部屋が応接セットのある部屋です。

住所とホームページ

杉並郷土博物館

新宿区三栄町22番地
JR四ッ谷駅徒歩10分 200円 午前9時~午後5時
http://www.city.suginami.tokyo.jp/histmus/