【雑学】お酒の飲みかた

お酒のマナー・心得

お酒のマナー10則
日本酒造組合中央会が掲げる「お酒のマナー10則」がいろいろな観点から忠言してくれます。

日本酒は、一人でも二人でも大勢でも、ともかく楽しく飲みたいものです。パーティー、宴会などで飲むときに心がけておきたいこと、また、健康のためにも、これだけは守りたいエチケットをまとめました。

一、 笑いながら共に楽しく飲もう

お酒を飲む時は愉快に楽しくが一番。怒ったり、やたらと議論を吹きかけたりするのは慎みたいものです。

(お酒は楽しく、は大原則である。自棄酒やけざけ、涙酒もあるだろうが、それは1人でごゆっくりどうぞ。)

二、 自分のぺ-スでゆっくりと

適量をマイペースで飲むのが、本当のお酒の楽しみ方です。かけつけ3杯とか、勧められるままについ、はやめましょう。

(ゆっくりというのは長い時間ということではない。自分の酒量とペースを知ることが大切である。)

三、 食べながら飲む習慣を

飲む前に少し食ベ、飲むときは食べながら飲みます。アルコールの吸収を遅らせ、大事な肝臓を守ってくれます。

(胃壁を保護するためには大事なことだが、高カロリーのアルコールに加えて脂肪や含水炭素の多い肴を摂ると肥満の原因となるので気をつけよう。)

四、 自分の適量にとどめよう

適量だなと思ったら、どんなに勧められても、そこでストップ。断る勇気のある人こそ、本当のお酒好きだと思います。

(適量にはかなりの個人差がある。盃1杯でダメになる下戸もいるが、アルコール処理能力からみて、通常日本酒1~2合、ビール1~2本ならまず問題ない。)

五、 週に2日は休肝日を

できれば2日続けて肝臓を休ませましょう。タフな肝臓は、休ませることで、急速にその機能を回復させます。

(これがなかなかできなくてという人は多い。飲めるのは体調がいいからだと自ら納得して-今日も元気だ、タバコがうまい、と同じ発想-いる。飲むのが習慣なら、飲まないのも習慣づけられるはず、最低、続いたな、飲みすぎかなと思った翌日は敢然とやめる。なお、家人は調子が悪いの?などと決意を鈍らせる質問はしないこと。)

六、 人に酒の無理強いをしない

人それぞれのペースを認め、守りあうのがお酒のみのマナーです。さしつさされつはほどほどに、後はマイペースで楽しみましょう。

(最近は以前のような献酬がほとんどなくなり、大変結構なことである。それぞれの酒量とペースを尊重して飲るのが大人の飲みかた。しかし遠慮して飲まないような人には優しくときどき盃を満たしてあげよう。)

七、 くすりと一緒には飲まない

薬もアルコールも、同じ肝臓が分解します。一緒に飲むことで、身体に悪い影響が出やすいので、避けましょう。

(効き過ぎたり、効かなくなったりする。薬は異物であり肝臓で毒消し処理をする。アルコールと一緒では荷が重いのは当然だ。「百薬の長」の酒だけを飲んで寝た方が良い病気もいっぱいあるのである。)

八、 イッキ飲みはしない、させない

急性アルコール中毒の原因になりますから、絶対にいけません。お酒好きなら、やめさせるのが常識です。

(イッキ飲みは最近は大分減ったようだが、若気の至りというだけで済まないこともある。あなた自身は大丈夫でしょうが、若い人でイキがって早飲みする人にはそっと注意してあげよう。)

九、 遅くても夜12時で切り上げよう

飲み会は、楽しいうちにお開きにするのがマナー。その後のお酒は「百害あって一利なし」。終電前には帰りましょう。

(それまで起きていられない人には関係ないだろうが、なぜか飲むと元気になるんですね。が、ゴゼン様は疲労のもとだということを忘れずに。酒を飲まずに夜更かししても疲れるのに。)

十、 肝臓などの定期健診を

年に数回は定期的に健康診断を受け、自分の健康度を知っておきましょう。身体を悪くしてからでは遅すぎます。

(胃は不快感や痛みなど症状が出るが、物言わぬ臓器の真の訴えも聞かなければならない。結果が良いといって油断しないことが肝要。)

( )内は小生のコメント。

実はこの「10則」は、社団法人アルコール健康医学協会のいう「適性飲酒の10か条」とほぼ同じである。
酒造協会「10則」の「八、 イッキ飲みはしない、させない」という項目が、
アル研「10か条」(第8項)では、

強いアルコール飲料は薄めて

強いアルコール飲料は、のどや胃腸の粘膜に強い刺激を与えます。喉頭がんや食道がんの原因になることもあります。
また、つい飲み過ぎるために、すぐに酔いがまわり障害をおこす要因になります。
こういったことをさけるためにも強いアルコール飲料は薄めて飲むようにしましょう。

となっている違いだけである。
おそらく アルコール健康医学協会のものを酒造組合中央会が借りた(でなければ、アルコール健康医学協会が啓蒙のため中央会に掲載を頼んだ)のだと思う。
第8項は、日本酒は基本的に薄めて飲むものではないこと、ビール、ワイン、ウィスキー水割り、焼酎お湯割りなどと比べて日本酒が相対的に強い酒になっていることから、意識的に置きかえたのだろう。
そのあたりの詮索は別として、これを加えて「11か条」としておく。

「松尾大社」の服酒御守
「おさけ」トップページに掲げている洛北の総鎮守「松尾大社」の服酒御守のこの文言は、わが身を省み気に入って拳拳服膺けんけんふくようしている言葉である。

酒は神授の生薬。
服して心を乱さず、体を損ぜず、礼を失わず、和を破らず。
適時適量慎んで用ひざれば久しきに堪えざるべし。

読んで字の如し、いい得て妙、と思う。