【雑学】ホルモンという名の語源

ホルモンという名の語源

現在ホルモンという言葉は、モツ、贓物(ぞうぶつ)の代わりとして用いられている。モツは今でも使われているが、そもそもホルモンという言葉はどこからきたのであろうか。少し調べてみた。

ホルモンの語源は、関西弁の「放るもん」からきているという説とドイツ語の医 学用語で、「栄養が高く、精がつく」という意味のhormoneからきているという二 つの説があり、現在はまだどちらが正しい説かは明らかにされていない。

しかし、前者の「放るもの」は、焼肉店屋、ホルモン屋を経営されている方や、 ホルモン関係者方々に対して、彼らは捨てたものを拾って客に食べさせていると いう見解になる。大変失礼な解釈ではないだろうか。ホルモンに栄養価値がある というのは周知の事実であった筈だろうから、この説は不適切であると思う。

だから私は後者が有力な説と考えている。

フォローする