【雑学】キャベツについて



キャベツについて

焼肉屋を訪れ、ど の注文よりまず先に出されるのがキャベツである。これは唯のオマケで はない。仮にもしオマケだったとするならば、ビックリマンチョコのオマ ケシールよりも重要なオマケである。

列記としたメニューの一つであり、唯一無料で出される野菜であ る。店によっては出さない所もあるが、客側として出されるに越したこと はない。

食べ方としては、主に焼いて食べる、そのまま生で食べる、の二パターン があり、 どちらかといえば私は生派で、気が向けばタレを付けて食べる。
肉は多くの脂を含み、カルビやロースなどを連続的に食べ続けると、時にしつこく感じてくる時がある。そしてその状態を放置していると食欲はやがて低下してしまう。

そんな口内の状態を、綺麗さっぱりリセットしてくれるのがキャベツであり、焼肉では重要な役割を担っている。だからキャベツを決して甘く見てはいけない。さらに、当然であるが店によって鮮度も味も違う。

時々、これは何日前のキャベツだというような萎れた食感の無いキャベツを出す店があるが、そんな店で旨い肉を食べる事が出来た覚えがない。逆にパリパリの食感と、艶のある新鮮なキャベツを出す店は必ず肉の味もついてくる。

細かいとお思いだろうが、このような細かい部分こそが、焼肉店の差であると私は考えている。 たかがキャベツ、されどキャベツである。