【紅白】平成最後の紅白“サザン祭り”で締めた!ユーミンが桑田にキス!サブちゃんも歌った!

平成最後となる「第69回NHK紅白歌合戦」(後7・15)が12月31日、東京・渋谷のNHKホールで行われ、
紅組、白組に属さない「特別企画枠」として出場したサザンオールスターズが“究極の大トリ”を務めた。

35年ぶりにNHKホールで紅白に参加。ボーカルの桑田佳祐(62)が名曲「希望の轍」とデビュー曲「勝手にシンドバッド」の
2曲を歌い上げた。

「勝手にシンドバッド」のイントロでは桑田が「サブちゃん!」コール。曲が始まると歌手の北島三郎(82)が
ステージ真ん中に登場し「いま何時?」と歌った。

紅白全出場者が集結するとボルテージは最高潮に。松任谷由実(64)が桑田にキスする場面も。桑田も“らしさ全開”で
「ユーミンありがとね!」「ウッチャンありがとう!」「(櫻井)翔さんライブ行くから。ツアー頑張って!」
「(広瀬)すずちゃん最高!」「サブちゃん、さすが!」と絶叫し、平成紅白ラストを締めくくった。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00000155-spnannex-ent
<紅白歌合戦>桑田佳祐(手前右)にキスする松任谷由実(撮影・木村 揚輔)
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/31/jpeg/20181231s00041000501000p_view.jpg

<紅白歌合戦>サザンオールスターズの演奏で盛り上がる出演者たち(撮影・木村 揚輔)
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/31/jpeg/20181231s00041000507000p_view.jpg

<紅白歌合戦>北島三郎(右)と絡み合う桑田佳祐(撮影・木村 揚輔)

82年の紅白で三波春夫の物真似した事が NHK出禁の原因とか言われてたけど
95年のNHKサザン特番で その時の映像がほぼフルで流されてたから もう20年以上前には解決してたんだと思いますね。5年に1回ペースでいいから出演しててほしかった感じです。

サザンはデビュー当時からテレビ出てたけど

ユーミンは長らく「テレビ出ないカッコいい」路線だったから、今出まくってるの見ると
「この人も変わったんだなあ」としみじみ思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする